トップ > ごみ・環境 > 資源とごみの出し方 > 資源とごみの出し方 > 燃やすごみの出し方(2019年4月1日から)

燃やすごみの出し方(2019年4月1日から)

更新日: 2019年(平成31年)4月1日  作成部署:環境部 資源循環課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る
 

燃やすごみの種類

生ごみ、紙おむつ、資源にならない紙類や布類、枝木、今まで燃やさないごみだった、汚れが落ちにくいプラスチック製容器包装、革製品、ビニール製品、ゴム製品(シリコン製品を含む)、15cm未満のプラスチック製品が燃やすごみになります。

紙おむつ、草葉、枝木は無料で収集します。紙おむつ、草葉は透明か半透明の袋に入れて出してください。

燃やすごみの出し方

    • 指定収集袋に入れて出してください。
    • 生ごみは、必ず水切りをしてください。これで10%のごみ減量につながります。

生ごみに関するカラス対策

食物資源(生ごみ)処理機器に補助金がでます

  • 食用油は液体のままでは収集できません。布や紙に染み込ませるか、固化剤で固めてから出してください。
  • おむつ、衛生用品などは燃やすごみです。汚物はトイレに流してから出してください。
  • 家庭から出る落ち葉や草は、1回につき5袋までです。(注)業者が草刈りなどを行った場合は、業者に引き取りを依頼してください。
  • 家庭で切った枝木は、他の燃えるごみとは別に収集しています。直径10cm未満までの枝木が対象で、長さ50cm未満、直径30cm未満に束ねて出してください。1回につき5束までです。詳しくはこちら
  • 点滴チューブや採尿バッグなどは燃えるごみです。汚物はトイレに流してください。(注)注射針、ペン型注射器は市では収集できません。必ず病院や薬局に返してください。

お問合せ先

〒187-0031 
小平市小川東町5-19-10

資源循環課管理担当

電話:042-346-9535

FAX:042-346-9555

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る