トップ > 健康・福祉 > 地域福祉・その他 > 被災者生活支援 > 災害弔慰金・災害障害見舞金・災害援護資金について

災害弔慰金・災害障害見舞金・災害援護資金について

更新日: 2020年(令和2年)12月18日  作成部署:健康福祉部 生活支援課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

台風等の風水害や地震、津波などの自然災害により被害を受けられた場合、関係法令の規定に基づき、災害弔慰金・災害障害見舞金の支給及び災害援護資金の貸付を行います。制度の概要について掲載しますので、詳しくはお問合せください。

災害弔慰金の支給

   市民の方が災害により死亡された場合、その遺族に対し、災害弔慰金が支給されます。

対象となる災害

  • 小平市において生じた住居の滅失した世帯の数が5以上である場合の災害
  • 東京都において住居が5世帯以上滅失した市町村が3以上ある場合の災害
  • 東京都において災害救助法が適用された市町村が1以上ある場合の災害
  • 災害救助法が適用された市町村をその区域内に含む都道府県が2以上ある場合の災害

対象となる遺族

   配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹

支給額

  • 生計維持者が死亡した場合 500万円
  • その他の者が死亡した場合 250万円

災害障害見舞金の支給

   市民の方が災害により負傷し、又は疾病にかかり、治ったとき(その症状が固定したときを含む。)に、重度の障がい(両眼失明、要常時介護、両上肢・両下肢の用全廃等(以下同じ。))があるときは、災害障害見舞金が支給されます。

対象となる災害

 災害弔慰金と同じ。

支対象となる者

 災害により重度の障がいを受けた者

支給額

  • 生計維持者の場合 250万円
  • その他の者の場合 125万円

災害援護資金の貸付

   災害により負傷又は住居、家財に一定以上の損害を受けた世帯に対し、その生活の立て直しのため、貸付を行います。

対象となる災害

   東京都において災害救助法が適用された市町村が1以上ある場合の災害

対象となる者

   災害により世帯主が一定の負傷又は住居、家財に一定の被害を受けた世帯の世帯主で市民の方

貸付限度額

 150万円から350万円

 世帯主の負傷又は住居、家財の損害の程度により異なります。

償還期間

   10年(据置期間3年を含む。)

利率

  • 保証人を立てる場合:無利子
  • 保証人を立てない場合:年1%(据置期間中は無利子)

所得制限

   世帯人員に応じ、前年の総所得金額等による制限があります。

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 健康福祉事務センター2階

生活支援課地域福祉担当

電話:042-346-9537

FAX:042-346-9498

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る