トップ > 市政情報 > 男女共同参画 > 男女共同参画週間 > 6月23日から29日は男女共同参画週間です

6月23日から29日は男女共同参画週間です

更新日: 2021年(令和3年)6月9日  作成部署:地域振興部 市民協働・男女参画推進課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

毎年6月23日から29日までの1週間は男女共同参画週間です。

42号表紙

男女共同参画週間

6月23日から29日は男女共同参画週間です。
学校、職場、地域、家庭などで、ひとりひとりが個性と能力を発揮して、あらゆる分野で活躍できる社会を男女共同参画社会といいます。
男女共同参画社会の実現のために、男女共同参画週間のこの時期に、まずは身近な人との関係について考えてみませんか。

令和3年度のキャッチフレーズ
「女だから、男だから、ではなく、私だから、の時代へ。」

内閣府では、「自分を好きになって、自分を信じ、創り上げた自由な発想が受け入れられる社会。みんなで築いていく 男女共同参画社会とは みなさんが進んでいく社会への願い・想いのこもったキャッチフレーズ」をユース世代を対象に募集し、応募総数2,785点の中から、このキャッチフレーズが選ばれました。

 バナー

「自分らしく生き生きと暮らせるまち 小平」

市では、この週間に合わせて、市役所正面入口横に市民の皆様の要望により作成した懸垂幕を掲げ、市役所1階と男女共同参画センター”ひらく”でパネル展示を行っています。

  • 期間 6月14日(月曜)~6月30日(水曜)

男女共同参画に関する図書の展示

 ジェンダーやワーク・ライフ・バランス、性の多様性などの男女共同参画に関する図書の展示をします。

  • とき 6月22日(火曜)~7月14日(水曜)
  • ところ 中央図書館1階展示コーナー

男女共同参画週間講演会

令和3年度「防災・減災に男女共同参画の視点を~安全で配慮ある多様な支援とは~」

災害時の女性支援や多様性配慮の課題に取り組んでいる瀬山紀子さんを講師に、男女共同参画視点での防災・減災をお話いただきます。
東日本大震災からの教訓や現行の法制度、地域防災対策の現状を知り、女性の視点で地域防災対策を考えてみませんか。

  • 講師 瀬山 紀子さん(明治大学兼任講師、女性防災ネットワーク東京 呼びかけ人)
  • とき 令和3年6月26日(土曜)午後2時~3時30分(1時30分開場)
  • ところ 小平市中央公民館 ホール(小平市小川町2-1325)

講演会の詳細はこちらから

男女共同参画を考える広報誌『ひらく』

46号表紙
広報誌『ひらく』48号表紙

『ひらく』は公募市民である男女共同参画推進実行委員の企画・編集により、市民の視点で男女共同参画を考える広報誌です。男女が互いを尊重し、誰もが生きやすい社会、住みやすい地域をつくるために役立つ広報誌であるとともに、地域に根ざした情報を提供する広報誌をめざしています。

広報誌『ひらく』

 

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所1階

市民協働・男女参画推進課男女共同参画担当

電話:042-346-9618

FAX:042-346-9575

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る