トップ > くらし・手続き・税 > 交通・道路 > 交通安全 > 飲酒運転は「しない」「させない」

飲酒運転は「しない」「させない」

更新日: 2021年(令和3年)9月3日  作成部署:都市開発部 交通対策課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

飲酒運転に起因する重大交通事故が相変わらず発生しています。夏季になるとレジャーや夏の開放感から飲酒の機会が多くなります。飲酒運転は犯罪です。飲酒する人も周囲の人も、飲酒運転は絶対に「しない」「させない」という意識を持って飲酒運転を根絶しましょう。

 飲酒運転は犯罪です

「すぐ近くだから」、「酔いがさめたから」、「慣れた道だから」と軽い気持ちで運転し、重大な事故を引き起こした事例が多くあります。飲酒後に車内で休憩して酔いがさめたと感じていても、体内にアルコールが残っていることが多いので注意が必要です。 

飲酒したら運転をしないことは当然ですが、飲酒するときは、

  • その日は車両は使わない
  • 事前にエンジンキーを預ける
  • あらかじめ運転代行やタクシーを手配しておく
  • グループでの飲酒の場合は、飲まない人(ハンドルキーパー)を決めておく

など、飲酒運転を防止するための措置をとりましょう。

都内の飲酒運転に起因する交通事故の発生状況(過去3年間)

平成30年中

  • 発生件数 177件
  • 死者数 10名
  • 負傷者数 211名

(注)小平市内の発生件数 1件

令和元年中

  • 発生件数 152件
  • 死者数 1名
  • 負傷者数 202名

(注) 小平市内の発生件数 1件

令和2年中

  • 発生件数 151件
  • 死者数 5名
  • 負傷者数 186名

(注) 小平市内の発生件数 0件

飲酒運転の罰則等

飲酒運転は、運転した本人のみならず、周囲の人も厳しく罰せられます。

運転者に対する処罰

  • 酒酔い運転 5年以下の懲役または100万円以下の罰金
  • 酒気帯び運転 3年以下の懲役または50万円以下の罰金

運転者以外の周囲の責任についての処罰

車両を提供した者

  • 運転者が酒酔い運転 5年以下の懲役または100万円以下の罰金
  • 運転者が酒気帯び運転 3年以下の懲役または50万円以下の罰金

酒類を提供した者・車両の同乗者

  • 運転者が酒酔い運転 3年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • 運転者が酒気帯び運転 2年以下の懲役または30万円以下の罰金

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

交通対策課交通安全担当

電話:042-346-9827

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る