トップ > 子ども・教育 > 妊娠がわかったら > 子育て世代包括支援センター事業(マタニティサポート面談・出産・子育て応援交付金事業・多胎児支援・産後ケア等) > 多胎児家庭支援事業

多胎児家庭支援事業

更新日: 2022年(令和4年)11月16日  作成部署:健康福祉部 健康推進課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

移動経費補助(令和4年度)

 小平市では多胎児家庭の皆様が安心して子育てができることを目的に、都の「とうきょうママパパ応援事業」補助金を活用して、多胎児家庭支援事業の「移動経費補助」を実施しています。本年度の対象の方には、個別に通知します。

 

対象

令和4年4月~令和5年3月の間に3~4か月児健診、1歳6か月児健診の対象となっている多胎児のいらっしゃるご家庭

(注)補助を受けるには、保健師との面談が必要になります。

 

なお、上記対象のうち、「令和4年4月以降に転入された場合」や、その他ご案内が届いていない等ご不明な場合は、下記までお問い合わせください。

 

問合せ先

電話:042-346-3702

 

 

多胎児家庭向け 産後ケア事業

多胎児をご出産後、育児支援を必要とするご家庭を対象に、助産師の訪問による産婦の心身のケアや育児サポートを行います。通常の産後ケアより利用できる時間が長くなっています。

多胎児家庭産後ケア案内(助産師)(PDF 597.3KB)

 

 

多胎児家庭支援サポート事業

 多胎児を妊娠・出産されたご家庭が家事支援や育児支援、移動支援等を利用する際、一部助成された額でサービスを利用できます。

 

対象

  • 多胎児を妊娠中の方
  • 3歳未満の多胎児を育児中の方

 

内容

家事に関すること 食事の支度、洗濯、掃除、買い物など

育児に関すること 健診や予防接種等の付き添い、子どもの世話など

注)大掃除(非日常的な掃除や窓ふき)、引っ越しの準備、片付け、食事の作り置き、保護者不在時の家事・託児はできません。

 

基本料金

1時間あたり800円(交通費別)

注)派遣できるヘルパーは1人のみです。加算料金等が利用者の実費として別途かかる場合があります。

 

基本利用時間

1回あたり2時間程度(年度内60時間まで)

午前9時から午後5時(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)

注)上記基本利用時間外の利用を希望される場合は、直接事業所にご相談ください。

注)前日の午後4時を過ぎてキャンセルする場合、キャンセル料として2,000円がかかります。

 

申込み 問合せ

一般社団法人にこにこ いたわりヘルパーセンター 電話:042-456-0899

NPO法人 子育てサポートきらら 電話:042-345-8262

 

お問合せ先

〒187-0043 
小平市学園東町1-19-12 健康センター1階

健康推進課保健指導担当

電話:042-346-3701

FAX:042-346-3705

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る