トップ > 子ども・教育 > 放課後のあずかり・活動 > 学童クラブ > 民設民営学童クラブへの補助の決定について

民設民営学童クラブへの補助の決定について

更新日: 2021年(令和3年)11月4日  作成部署:子ども家庭部 子育て支援課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

令和4年度より開設する民設民営学童クラブへの補助事業について、事業者が決定しましたのでお知らせします。

小平市の民設民営学童クラブ事業費補助金の補助対象事業として、令和4年度に開設する民設民営学童クラブの募集を行い、下記事業者を選定しました。運営の概要は以下のとおりです。19時以降の延長利用、食事の提供や習い事等の料金や内容は各事業者にお問い合わせください。
今回の決定により、令和4年度に市が補助を行う民設民営学童クラブは4クラブとなります。

令和4年度開設予定の民設民営学童クラブ一覧 (2クラブ)

令和4年度に開設予定の民設民営学童クラブです。
(注)現在開設している民設民営学童クラブについては、この表の下の方にある表をご覧ください。

事業者株式会社ウィズダムアカデミー
事業所名称ウィズダムアカデミー小平花小金井校NEXUS(ネクサス)
開設日令和4年4月1日(予定)
所在地〒187-0003 東京都小平市花小金井南町1-18-25 
NR花小金井駅前1階C-2号室
電話番号042-452-6548
メールアドレスnexus-kodaira@wisdom-academy.com
ホームページhttps://wisdom-academy.com/news/koganei-nexus-open/(外部リンク)
定員40名
入会対象学年小学1年生~3年生 (注)定員に余裕があるときは6年生まで受入
主な入会対象校2小、3小、5小、7小、8小、9小、11小、花小金井小、鈴木小
学童クラブ費月額7,000円(週2回まで)
月額10,000円(週3回以上)
(注)19時までの利用料金
開設時間平日 13時~19時(最長21時)
土曜日 8時~19時(最長21時)
長期休暇 8時~19時(最長21時)
休日日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

 

事業者株式会社学凛社
事業所名称学童クラブアウラ小平スクール(仮称)
開設日令和4年4月1日(予定)
所在地〒187-0044東京都小平市喜平町1-4-13 田中信店舗1階
電話番号042-359-4860(本社の電話番号です)
メールアドレスcontact@fg-aula.com(本社の問い合わせ用メールアドレスです)
ホームページhttps://fg-aula.com/schools/kodaira/(外部リンク)
定員37名
入会対象学年小学1年生~3年生 (注)定員に余裕があるときは6年生まで受入
主な入会対象校2小、3小、9小(注)定員に余裕があるときは左記以外の小学校も対象とする
学童クラブ費月額10,000円
開設時間平日 12時~19時(最長20時)
土曜日 8時~19時(最長7時30分~20時)
長期休暇 8時~19時(最長7時30分~20時)
休日日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

 現在開設している民設民営学童クラブ一覧(2クラブ)

こちらは、現在開設している民設民営学童クラブです。

事業者株式会社ウィズダムアカデミー
事業所名称ウィズダムアカデミー小平花小金井校
所在地〒187-0003 東京都小平市花小金井南町1-18-25 
NR花小金井駅前2階C号室
電話番号042-452-6548
メールアドレスkodaira@wisdom-academy.com
ホームページhttps://wisdom-academy.com/school/kodaira/(外部リンク)
定員40名
入会対象学年小学1年生~3年生 (注)定員に余裕があるときは6年生まで受入
主な入会対象校2小、3小、5小、7小、8小、9小、11小、花小金井小、鈴木小
学童クラブ費月額7,000円(週2回まで)
月額10,000円(週3回以上)
(注)19時までの利用料金
開設時間平日 13時~19時(最長21時)
土曜日 8時~19時(最長21時)
長期休暇 8時~19時(最長21時)
休日日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

 

事業者特定非営利活動法人子ども支援ホーム
事業所名称学童保育じゃんぷ小川クラブ
所在地〒187-0035 東京都小平市小川西町3-18-15 
パレスヴィンテージ2階
電話番号080-7053-0242
メールアドレスjump.kodaira.ogawa@gmail.com
ホームページhttps://www.g-jump.com/facility.php?id=22(外部リンク)
定員40名
入会対象学年小学1年生~3年生 (注)定員に余裕があるときは6年生まで受入
主な入会対象校6小、13小
学童クラブ費月額10,000円
(注)19時までの利用料金
開設時間平日 12時~19時(最長20時)
土曜日 8時~19時(最長20時)
長期休暇 8時~19時(最長20時)
休日日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

民設民営学童クラブとは

民間事業者が開設する放課後の子どもの預かりを行う事業(場所)で、放課後児童健全育成事業に該当し、小平市放課後児童健全育成事業の設備及び運営の基準に関する条例(以下「基準条例」という)に則って運営されるものです。

市は令和2年度に補助金制度を創設し、民設民営学童クラブの募集を開始しました。

民設民営学童クラブへの申し込み方法

入会資格(利用できる方)は、保護者が就労していることなど、公設学童クラブと同じです(公設学童クラブのホームページ

民設民営学童クラブへの入会申し込みは、運営事業者に直接申し込んでください。入会者の選考も運営事業者が行います。

なお、公設学童クラブと併願する場合は、民設民営学童クラブと公設学童クラブのそれぞれに入会申し込みが必要です。

 令和4年度の公設学童クラブと民設民営学童クラブへの入会申し込みについて(重要)

民設民営学童クラブも定員があるため、多数の申し込みがあった場合、入会できない場合も想定されます。

このため、令和4年度、民設民営学童クラブを希望される方は、公設学童クラブと民設民営学童クラブの両方を申し込んでください(両方に申し込み手続きが必要です)。

公設学童クラブとの併用はできませんので、民設民営学童クラブに入会承認があった場合は、小平市子育て支援課学童担当に連絡し、公設学童クラブの入会を取り消してください。 

民設民営学童クラブについてよくある質問

民設民営学童クラブと公設学童クラブは同時に利用できますか

民設民営学童クラブと公設学童クラブはそれぞれの運営経費を市が負担していることから、両方に同時に所属することはできません。民設民営学童クラブに入会された方は、公設学童クラブは退会となります(逆の場合も同様です)。

なお、月の途中で公設学童クラブから民設民営学童クラブに移籍した場合、その月は、民設民営学童クラブと公設学童クラブの両方の料金が発生します。

 民設民営学童クラブの利用料金はどのくらいですか

利用料金(学童クラブ費)は、運営事業者に補助金を支給することで、公設学童クラブと同程度の料金(月額10,000円:おやつ代込み)となっています。

ただし、習い事や送迎、夜7時以降の延長保育など、公設学童クラブで提供するサービスを超える部分は、別途実費(全額保護者負担)となります。

いずれの場合でも、料金はすべて運営事業者へお支払いください。 

放課後児童健全育成事業とはどのような事業ですか

児童福祉法では、小学生の放課後の預かり(学童保育)事業の内容を法的に定めており、これを放課後児童健全育成事業と呼びます。

放課後児童健全育成事業を実施するためには、基準条例に定める要件を満たしたうえで、小平市長に届け出を行う必要があります。

このため、学童や放課後などの名前がついていて、放課後の子どもの預かりをする事業であっても、放課後児童健全育成事業に該当しないものもあります。なお、公設学童クラブの全てと、上記の民設民営学童クラブは放課後児童健全育成事業に該当します。 

公設学童クラブとはどのクラブを指しますか

公設とは、「小平市が開設(設置)した」との意味です。

公設学童クラブはさらに2つに分かれており、運営を市が直接行うものを公設公営学童クラブ(または直営)、運営を民間事業者が行うものを公設民営学童クラブ(または指定管理)と呼んでいます

いずれも市内の公立小学校の敷地内あるいは隣接地に設置されており、「小平市立何小学童クラブ」(何小には小学校名が入ります)の名称で呼ばれています。 

民設民営学童クラブと公設学童クラブの違いを教えてください

いわゆる学童保育(子供の預かり)の部分については、同じ考えで行われます。

いずれも設備及び運営は基準条例により、保育に関する考え方は厚生労働省の放課後児童クラブ運営指針をもとに行われます。

民設民営学童クラブの特色は、夜7時以降の延長保育や送迎などの多様なサービス、勉強・スポーツなどの多様な活動の提供にあります。ただし、これらのサービスは別途料金が必要になります。

 民設民営学童クラブではどのような活動やサービスが提供されますか

運営事業者ごとに異なります。事業者のホームページでご確認ください。

入会説明会の案内や申込書類も各事業者のホームページ等から入手してください(市では配布していません)。

なお、各種サービス等は事業者の判断で実施されるものです。

市は民設民営学童クラブをどの程度監督するのですか

学童保育の部分については、基準条例に基づき運営事業者に指導・助言を行います。また、国や都から提供される情報は都度提供します。

また、運営事業者は利用児童の氏名、人数や職員の配置状況について市に報告を行う必要があります。 

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所2階

子育て支援課学童担当

電話:042-346-9543

FAX:042-346-9200

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る