トップ > ごみ・環境 > みどり・用水 > 用水 > 新堀用水にJR武蔵野線トンネル内地下水の放流を開始しました。

新堀用水にJR武蔵野線トンネル内地下水の放流を開始しました。

更新日: 2021年(令和3年)8月16日  作成部署:環境部 水と緑と公園課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

小平市の用水路は水量が不足していることから、現在、市内東部地域の一部では枯渇した状態となっています。市では、流水のある用水路の再生に向けてJR東日本と協定を結び、令和3年8月11日から新堀用水に、武蔵野線トンネル内地下水の放流を開始しました。

小平市の用水路は水量が不足していることから、現在、市内東部地域の一部では枯渇した状態となっています。市では、流水のある用水路の再生に向けてJR東日本と協定を結び、武蔵野線トンネル内の地下水を、令和3年8月11日から新堀用水へ放流することを開始しました。(放流先:小平市津田町2丁目玉川上水立坑付近)

放流量は季節による変動がありますが、この地下水が新堀用水下流の、大沼田用水、野中用水、鈴木用水、田無用水に流れることになります。

案内図(PDF 114.1KB) 

現地状況写真(PDF 5MB)

 

 

 

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

水と緑と公園課用水担当

電話:042-346-9831

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る