小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 税・保険・年金 の中の 国民年金 の中の 国民年金保険料 保険料免除制度

更新日:2017年3月9日

作成部署:健康福祉部 保険年金課

 経済的な理由により国民年金保険料の納付が困難なときは、日本年金機構で所得などの審査を受け、承認されると、その期間の保険料の全額もしくは一部の納付が免除されます。免除には、「法定免除」と「申請免除」があります。
 学生の方は、「学生納付特例制度」を申請してください。
 全額免除になった期間は、年金の受給資格期間に算入されます。一部免除になった期間は、一部免除後の国民年金保険料を納付すれば、年金の受給資格期間に算入されます。

法定免除

 障害基礎(厚生・共済)年金の1級・2級を受けているときや、生活保護法による生活扶助を受けているときなどは、届出によりその期間の国民年金保険料の全額が免除されます。


提出書類

 国民年金保険料免除該当届


申請できる方

 本人、代理人

 *代理人の場合は、委任状、本人の印鑑(認印可、シャチハタ不可)が必要です。


申請に必要なもの

(1)本人が申請する場合

 ・本人確認ができる身分証明書

 ・基礎年金番号が分かる書類(年金手帳、納付書など)

 ・障害年金証書(障害年金受給者の場合)

 ・生活保護受給証明書(生活保護受給者の場合)

(2)代理人が申請する場合

 ・委任状

 ・本人の印鑑(認印可、シャチハタ不可)

 ・本人の基礎年金番号が分かる書類(年金手帳、納付書など)

 ・代理人の本人確認ができる身分証明書

 ・障害年金証書(障害年金受給者の場合)

 ・生活保護受給証明書(生活保護受給者の場合)


申請方法

 直接、各申請窓口へ

 郵送で申請する場合は、「提出書類」と「申請に必要なもの」のコピーを保険年金課国民年金担当へ送付


受付窓口

・保険年金課国民年金担当(市役所1階)

・東部出張所

・西部出張所

・動く市役所


受付時間

・保険年金課国民年金担当

  月曜から金曜  午前8時30分から午後5時

  土曜      午前8時30分から午後12時

・東部・西部出張所

  月曜から金曜  午前8時30分から午後5時

・動く市役所

  巡回日のみ


注意事項

(1)法定免除期間は年金の受給資格期間として計算され、10年以内であれば、さかのぼって保険料を納めることができます(追納)。ただし、承認を受けた年度の翌々年度を越えて追納する場合は、当時の保険料に加算がつきます。

(2)追納しない場合は、承認期間2分の1(平成20年度までは3分の1)が老齢基礎年金額に反映します。


申請免除

 日本年金機構で前年所得の審査を受け、承認されると、その期間の国民年金保険料の全額または一部が免除されます。

 所得に応じて、全額免除、4分の1納付、半額納付、4分の3免除があります。

 失業された方は、退職を証明する公的な書類(雇用保険被保険者離職票、雇用保険受給資格者証、雇用保険被保険者資格喪失確認通知書など)を添付することで、特例申請の対象となります。

申請免除の所得基準
免除の種類 所得基準
全額免除 (扶養親族等の数+1)×35万円+22万円
4分の3免除
(4分の1納付)
78万円+(扶養親族等の数×38万円(注))+社会保険料控除額など
半額免除 118万円+(扶養親族等の数×38万円(注))+社会保険料控除額など
4分の1免除
(4分の3納付)
158万円+(扶養親族等の数×38万円(注))+社会保険料控除額など

(注)扶養親族が、老人控除対象配偶者、老人扶養親族であるときは48万円、特定扶養親族であるときは63万円になります。


提出書類

 国民年金保険料免除・納付猶予申請書


申請できる方

 本人、代理人

 *代理人の場合は、委任状、本人の印鑑(認印可、シャチハタ不可)が必要です。


申請に必要なもの

(1)本人が申請する場合

 ・本人確認ができる身分証明書

 ・基礎年金番号が分かる書類(年金手帳、納付書など)

 ・退職した方は、以下の中からいずれか1点

  雇用保険被保険者離職票、雇用保険受給資格者証、雇用保険被保険者資格喪失確認通知書

 ・り災された方は、り災証明

(2)代理人が申請する場合

 ・委任状

 ・本人の印鑑(認印可、シャチハタ不可)

 ・本人の基礎年金番号が分かる書類(年金手帳、納付書など)

 ・代理人の本人確認ができる身分証明書

 ・退職した方は、以下の中からいずれか1点

  雇用保険被保険者離職票、雇用保険受給資格者証、雇用保険被保険者資格喪失確認通知書

 ・り災された方は、り災証明


申請期間

 7月から翌年6月まで(過去2年1か月まで遡って申請ができます。)


承認期間

 7月から翌年6月まで(期間は1年間ですので、毎年申請が必要です。)


申請方法

 直接、各申請窓口へ

 郵送で申請する場合は、「提出書類」と「申請に必要なもの」のコピーを保険年金課国民年金担当へ送付


受付窓口

 ・保険年金課国民年金担当(市役所1階)

 ・東部出張所

 ・西部出張所

 ・動く市役所


受付時間

 ・保険年金課国民年金担当

  月曜から金曜  午前8時30分から午後5時

  土曜      午前8時30分から午後12時

 ・東部・西部出張所

  月曜から金曜  午前8時30分から午後5時

 ・動く市役所

  巡回日のみ


注意事項

(1)郵送で申請する場合は、日中連絡が取れる電話番号を申請書にご記入ください。

(2)前年所得が一定基準以上の場合は、保険料免除・納付猶予の対象とならない場合があります。

(3)保険料免除・猶予期間は年金の受給資格期間として計算され、10年以内であれば、さかのぼって保険料を納めることができます。(追納)

(4)承認を受けた年度の翌々年度を越えて追納する場合の保険料額は、当時の保険料に加算がつきます。 

(5)保険料を追納しない場合は、保険料納付特例期間は老齢年金受給額に反映しません。

(6)申請が遅れると、障害基礎年金や遺族基礎年金を受給できなくなる場合もあります。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所1階
保険年金課国民年金担当
電話:042-346-9531
Fax:042-346-9513 武蔵野年金事務所
 0422-56-1411(代表)
ねんきんダイヤル
 0570-05-1165(ナビダイヤル)
 03-6700-1165(050から始まる電話から)

このページの先頭へ