トップ > よくある質問 > くらし・手続き・税 > 国民年金 > 配偶者の扶養になったときの国民年金の手続きについて知りたい

配偶者の扶養になったときの国民年金の手続きについて知りたい

更新日: 2020年(令和2年)2月4日  作成部署:健康福祉部 保険年金課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

質問

配偶者の扶養になりました。国民年金の手続きは何か必要になりますか。

回答

国民年金第1号被保険者だった方が配偶者の扶養になる場合

 第3号被保険者(第2号被保険者に扶養されている配偶者)になると、自動的に第1号被保険者(自営業、農林漁業、学生、無職、任意加入者など)の資格を喪失しますので、国民年金に係る喪失手続きは不要です。

 第3号被保険者(第2号被保険者に扶養されている配偶者)に切替える手続きを、配偶者の勤務先で行ってください。詳しくは、配偶者の勤務先にお問い合わせください。

20歳未満の方が配偶者の扶養になる場合

 20歳前に結婚し、第2号被保険者(厚生年金に加入している会社員、公務員など)の扶養になる場合、国民年金に係る手続きは不要です。

 ただし、20歳になったとき(20歳のお誕生日の前日時点)に別途お手続きが必要です。詳しくは、配偶者の勤務先にお問い合わせください。

年金の義務加入期間について

 国民年金は、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満のすべての人が加入し、国民年金保険料を20歳から60歳になるまでの40年間納めます。よって、20歳以上60歳未満の方はいずれかの年金制度に加入する必要があります。

お問合せ先

武蔵野年金事務所
 0422-56-1411(代表)

(注)武蔵野年金事務所は、小平市に住民登録をしている(住民票がある)方の年金事務所です。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る