トップ > よくある質問 > ごみ・環境 > 環境 > 野外焼却による廃棄物の焼却禁止

野外焼却による廃棄物の焼却禁止

更新日: 2017年(平成29年)7月3日  作成部署:環境部 環境政策課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

質問

近隣の畑での農業目的の焼却について相談したい

回答

 野外での焼却は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」並びに「都民の健康と安全と確保する環境に関する条例」により、原則的に禁止されています。「禁止の例外」として、農林業を営む上でやむを得ない焼却があります。(病害虫の駆除など)

例外として認められている焼却行為であっても、ばい煙や悪臭などで苦情があった場合は、市職員が焼却行為者に対し、周辺へ配慮するように指導を行います。

なお、「野外焼却」には、地面で直接焼却を行う場合だけではなく、ドラム缶焼却、穴を掘っての焼却、簡易な焼却炉による焼却なども該当します。

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

環境政策課環境対策担当

電話:042-346-9536

FAX:042-346-9643

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る