トップ > 健康・福祉 > 障がい者 > 手帳・医療 > 自立支援医療費制度(精神通院医療)のご案内

自立支援医療費制度(精神通院医療)のご案内

更新日: 2022年(令和4年)1月14日  作成部署:健康福祉部 障がい者支援課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

精神疾患のための診療費や薬代、デイケアや訪問看護に係る費用の自己負担を、原則3割から1割に軽減する制度です。

東京都の審査により認定を受けた方には受給者証を交付します。

対象者

精神疾患を理由として、通院医療を継続的に必要とする方(てんかん診療を含む)

注)世帯の所得や通院先により対象外となる場合があります。

必要書類

  • 自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書(障がい者支援課窓口にあります)
  • 所定様式の診断書(申請日から3か月以内に発行されたもの。有効期限内の更新申請の場合、診断書の提出は2年に1度です。)
  • 自立支援医療受給者証(精神通院)の原本(更新、再開申請の方)
  • 健康保険証(国民健康保険組合、後期高齢者医療制度の方は世帯全員分)、もしくは生活保護受給証明書
  • 市・都民税の課税状況が分かる書類
  • 印鑑
  • マイナンバーが確認できるもの
  • 本人確認書類
  • 追加交付のための「理由書」(医師の指示により、複数の医療機関や薬局を利用の方、または訪問看護を利用する方のみ必要)

注)市・都民税の課税状況が分かる書類について

国民健康保険・国民健康保険組合、後期高齢者医療制度の方は、同じ保険に加入されている方全員分の課税状況の確認が必要です。社会保険、共済組合の方は、被保険者の課税状況の確認が必要です。

該当年度の1月1日時点で住民票が小平市にあり、税の申告をしていれば、同意書に基づき税書類を省略することができます。

申請方法

 必要書類をそろえ、障がい者支援課へ

注)東部出張所、西武出張所、動く市役所では手続きや書類のお渡しはできません。

精神障害者保健福祉手帳を同時申請される方へ

精神障害者保健福祉手帳と同時申請(手帳も診断書で同日申請)する場合は、医療機関に「手帳用診断書」をご依頼ください。

詳しくは、精神障害者保健福祉手帳のご案内(外部リンク)をご覧ください。

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 健康福祉事務センター1階

障がい者支援課サービス支援担当

電話:042-346-9542

FAX:042-346-9541

(手続きは、東部出張所、西部出張所、動く市役所ではできません。)

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る