トップ > ごみ・環境 > ごみ減量とリサイクル > ごみを減らす工夫・資源回収補助金 > フードドライブにご協力ください

フードドライブにご協力ください

更新日: 2024年(令和6年)7月1日  作成部署:環境部 資源循環課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

フードドライブとは、家庭で余っている食べ物を持ち寄り、それらを福祉団体や施設、フードバンクなどに寄付する活動のことです。小平市では、食品ロス(まだ食べられるのに捨てられている食品)を削減するため、フードドライブ活動に取り組んでいます。
ご家庭で食べきれない食品がありましたら、ぜひお持ちください。
さあ、「もったいない」が根づくまち「こだいら」から食品ロスを削減しましょう。

フードドライブに寄せられた食品
フードドライブ

実施内容

実施日時場所

  • 小平市社会福祉協議会での受付

小平市社会福祉協議会の「こだいら生活相談支援センター」で寄付の受付をしています。寄付の受付をしている拠点は以下の3か所です。

受付日時:平日(祝祭日を除く月曜から金曜)の午前9時から午後5時まで

1.こだいら生活相談支援センター (学園東町1-19-13 福祉会館内4階)

こだいら生活相談支援センター(窓口)

 

2.たいよう福祉センター (小川西町5-25-15)

たいよう福祉センター(外観)

 

3.あおぞら福祉センター (鈴木町1-472)

あおぞら福祉センター(外観)

 

陶磁器食器や廃食油などの拠点回収(日時と場所を決めて開催し、「リサイクルきゃらばん」と称しています。)品目の一つとして回収しています。開催が決まり次第、ホームページや市報で随時掲載しますので、ご確認ください。

(注)こだいら生活相談支援センター、たいよう福祉センター、あおぞら福祉センターでの受付は未利用食品のみです。

回収品目

  • お米(精米から2か月以内のもの)
  • 缶詰(肉、魚、野菜、くだもの) 
  • インスタント・レトルト食品 
  • パスタなどの乾物
  • お茶・コーヒーなどの飲料 
  • 醤油、砂糖などの調味料
  • お菓子

回収できる食品の条件

  • 未開封で包装や外装が破損していないもの 
  • 賞味期限が明記されており、またそれが1か月以上先のもの 
  • 生鮮食品以外のもの 
  • 瓶詰食品でないもの 
  • 包装や外装を他のものに移し替えていないもの

注意事項

(注)お持ちただいた食品は、回収条件を確認の上、その状態によってはお持ち帰りいただきますので、予めご了承ください。

(注)事業系のものは回収できません。

回収した未利用食品

持ち寄られた食品は、小平市社会福祉協議会を通じて、生活困窮者への支援や、市内のこども食堂で活用されています。

お問合せ先

〒187-0031 
小平市小川東町5-19-10 小平市リサイクルセンター1階

資源循環課推進担当

電話:042-346-9535

FAX:042-346-9555

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る