トップ > くらし・手続き・税 > 交通・道路 > 道路 > 建築基準法第42条第2項の規定による敷地後退用地の寄附

建築基準法第42条第2項の規定による敷地後退用地の寄附

更新日: 2021年(令和3年)4月12日  作成部署:都市開発部 道路課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

市では、4メートル以上の生活道路を確保するため、建築基準法第42条第2項の規定により敷地後退した道路用地の寄附を受けています。

寄附申請ができる土地

建築基準法第42条第2項の規定により敷地後退した道路用地

受け入れ条件

  1. 市が管理する道路に接していること(市道、旧里道、認定外道路)。
  2. 寄附をしようとする道路用地内に個人の物件(建築物、工作物、排水桝、水道のメーター、止水栓など)がないこと。
  3. 寄附をしようとする道路用地に私権(抵当権等)が設定されていないこと。
  4. 道路用地どおりに公図が分筆されていること。
  5. 土地所有者全員から寄附申請されること。
  6. その他道路機能に支障がないこと。

市との協議事項について

舗装構造と雨水対策について

舗装構造と雨水対策については、必ず市と協議を行ってください。万一、市と協議を行わず施工された場合、寄附を受けられない場合があります。

境界表示物について

原則として民地と寄附する道路用地との境界に市の境界石(600mm)を入れていただきます。現地の状況により石の長さや表示物の変更が必要な場合は、市にご相談ください。

寄附申請に必要な書類

  1. 道路用地寄附申請書
  2. 寄附申請書(施設)
  3. 登記原因証明情報兼承諾書
  4. 印鑑証明書(3か月以内のもの)
  5. 境界確認書(ご本人用)
  6. 境界確認書(隣接地用)
  7. 境界図
  8. 求積図(地積測量図でも可)
  9. 全部事項証明書
  10. 公図の写し(インターネットで取得したものは不可)
  11. 固定資産税・都市計画税減免申請書(任意)

添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

道路課路政担当

電話:042-346-9824

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る