トップ > くらし・手続き・税 > 防災 > 住まい > り災証明(災害で被害を受けたことを公的に証明するもの)

り災証明(災害で被害を受けたことを公的に証明するもの)

更新日: 2019年(令和元年)10月31日  作成部署:総務部 防災危機管理課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

り災証明書とは

り災証明書とは、災害で被害を受けたことを公的に証明するものです。市では、災害で住家が被害を受けた場合、り災証明書を発行します。申請は、下部の添付ファイルをご参照ください。
なお、火災によるり災証明書の申請手続きは、小平消防署(電話:042-341-0119)で行うこととなります。

(注)り災証明書の対象は自然災害で住家に被害が生じた場合で、事故や犯罪による被害は対象となりません。

(注)自然災害による住家の被害であっても、災害に遭遇したというには被害が小さい場合、被害の原因の大部分が経年劣化であると判断されるような場合には、り災証明の対象とならないことがあります。

(注)り災証明書を申請される以前に改修をされる方は、被害状況がわかる写真を撮影してくださいますようお願いいたします。(被害状況が確認できない場合につきましては、り災証明書を発行することができませんので、ご注意ください。)

必要書類

防災危機管理課窓口で以下の必要書類をご持参のうえ、申請してください。

  1. り災証明申請書
  2. 被害状況がわかる写真など

様式

り災届出証明書

既に改修等により被害状況が確認できないもの及び災害発生日から月日が経過するなど、自然災害により被害を受けたことが客観的に確認できない事案については、り災届出証明書を発行いたします。り災届出証明書は、あくまでも届出があったことを証明するものであり、災害との因果関係や被害の程度等を証明するものではありません。申請につきましては、下部の添付ファイルをご参照ください。

必要書類

防災危機管理課窓口で以下の必要書類をご持参のうえ、申請してください。

  1. り災届出証明願兼証明書
  2. 被害状況がわかる写真など

様式

国の根拠通知

「災害の被害認定基準について」(平成13年6月28日府政防第518号内閣府政策統括官(防災担当) 通知)に基づき、「住家等の建築物」を対象とし、被害程度の認定を行います。通知につきましては、下部の添付ファイルをご覧ください。

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所3階

防災危機管理課防災危機管理担当

電話:042-346-9519

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る