トップ > 健康・福祉 > 健康 > 新型コロナウイルス感染症関連 > 新型コロナウイルス感染症への市の対応(令和4年12月2日現在)

新型コロナウイルス感染症への市の対応(令和4年12月2日現在)

更新日: 2022年(令和4年)12月2日  作成部署:健康福祉部 健康推進課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

新型コロナウイルス感染症への市の対応状況をご案内します。

新型コロナウイルス感染症への市の対応

令和4年12月2日(金曜)

令和4年12月1日の東京都新型コロナウイルス感染症対策本部会議を踏まえ、本日、第47回小平市新型コロナウイルス感染症対策本部を書面開催し、以下の事項について決定いたしました。

1 小平市立小・中学校の対応について

冬休みや受験等の時期が近づいていることを踏まえ、教育活動の場面に応じた基本的な感染症対策を引き続き徹底する。
また、今後、東京都から送付される通知を踏まえ、小平市立学校版感染症予防ガイドラインの見直しについて検討する。

令和4年7月15日(金曜)

東京都における「5月23日以降の取扱」を踏まえ、基本的な感染防止対策の再徹底が示されました。
このことを踏まえ、本日、第46回小平市新型コロナウイルス感染症対策本部を書面開催し、以下の事項について決定いたしました。

1 公共施設等の取扱いについて

東京都における対応を踏まえ、引き続き、「三つの密」の回避等をはじめとした基本的な感染防止策を徹底するとともに、利用者に対しても協力を依頼する。

2 職員の勤務体制について

職員の休憩時間の分散取得や、時差出勤等の取組みを継続する。

令和4年5月20日(金曜)書面開催

令和4年3月22日より東京都において実施されているリバウンド警戒期間における取組が5月22日で終了し、5月23日以降の対応として「基本的な感染防止対策の徹底」の継続が決定されました。
このことを踏まえ、本日、第45回小平市新型コロナウイルス感染症対策本部を書面開催し、以下の事項について決定いたしました。

1 公共施設等の取扱いについて

東京都における対応を踏まえ、引き続き、「三つの密」の回避等をはじめとした基本的な感染防止策を徹底するとともに、利用者に対しても協力を依頼する。

2 職員の勤務体制について

職員の休憩時間の分散取得や、時差出勤等の取組みを継続する。

令和4年4月22日(金曜)書面開催 

令和4年4月21日に、東京都におけるリバウンド警戒期間を5月22日まで延長する旨の決定がされたことを受け、本日、第44回小平市新型コロナウイルス感染症対策本部を書面開催し、以下の事項について決定いたしました。

1 公共施設等の取扱いについて

東京都におけるリバウンド警戒期間における取組を踏まえ、引き続き、「三つの密」の回避等をはじめとした基本的な感染防止策を徹底するとともに、利用者に対しても協力を依頼する。

2 学校施設の貸出し及び開放の取扱いについて

学校施設の貸出し及び開放について、小平市立学校版感染症予防ガイドライン等を踏まえた感染防止対策を引き続き徹底することを前提として、通常の運用とする。

3 職員の勤務体制について

職員の休憩時間の分散取得や、時差出勤等の取組みを継続する。

令和4年3月17日(木曜)書面開催

令和4年3月17日、東京都における新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置の期間を3月21日で終了する旨の決定がされたことを受け、第43回小平市新型コロナウイルス感染症対策本部を書面開催し、以下の事項について決定しました。

1 公共施設等の取扱いについて

公民館、地域センター等の公共施設について、まん延防止等重点措置の期間が3月21日で終了することに伴い、夜間の利用者に対する午後9時までの利用についての協力依頼を終了する。
ただし、3月22日から4月24日までは、東京都におけるリバウンド警戒期間における取組を踏まえ、「三つの密」の回避等をはじめとした基本的な感染防止策を徹底するとともに、利用者に対しても協力を依頼する。
また、市所管の公園における桜花期の対策として、都立公園の取扱いに合わせ、シート等を広げての飲食は禁止とする。

2 学校施設の貸出し及び開放の取扱いについて

学校施設の貸出し及び開放について、小平市立学校版感染症予防ガイドライン等を踏まえた感染防止対策を引き続き徹底することを前提として、通常の運用に戻すこととする。

3 職員の勤務体制について

まん延防止等重点措置の終了に伴い、現在実施している職場へ出勤していない職員が2割以上となることを目標とした分散出勤等の取組を終了するとともに、ノー残業デーの取組を再開する。なお、職員の休憩時間の分散取得や、時差出勤等の取組みについては継続する。

令和4年3月4日(金曜)書面開催

令和4年3月4日に東京都における新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置の延長が決定されたことを受け、本日、第42回小平市新型コロナウイルス感染症対策本部を書面開催し、以下の事項について決定しました。

1 公共施設等の取扱いについて

公民館、地域センター等の公共施設について、東京都における新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置に基づき、3月21日までの期間において、引き続き、より一層の基本的な感染防止策等の徹底を図るとともに、都立施設等の対応を踏まえ、夜間の利用者に対し、午後9時までの利用について協力を依頼する。
詳細については、市ホームページに掲載して周知する。

2 学校施設の貸出し及び開放の取扱いについて

現在休止している学校施設の貸出し及び開放については、学校での感染状況を勘案し、小平市立学校版感染症予防ガイドライン等を踏まえ学校の教育活動に支障を及ぼさないよう、対外試合を行わないなどの利用に当たっての注意事項を利用者に遵守していただくとともに、より一層の感染防止対策を徹底することを前提として、スポーツ開放を含む学校施設の開放は3月6日から、その他学校施設の貸出しは3月7日から再開する。
なお、今後の感染状況によっては、改めて休止等を検討する。
詳細は、市ホームページ及び各担当部署からの案内等で周知することとする。

3 職員の勤務体制について

職場へ出勤していない職員が2割以上となることを目標とした分散出勤等の取組のほか、午後8時以降の時間外勤務の抑制等の取組を継続する。

令和4年2月10日(木曜)書面開催

令和4年2月10日に東京都における新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置の延長が決定されたことを受け、令和4年2月10日(木曜)、第41回小平市新型コロナウイルス感染症対策本部を書面開催し、以下の事項について決定しました。

 1 公共施設等の取扱いについて

公民館、地域センター等の公共施設について、東京都における新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置に基づき、3月6日までの期間において、引き続き、より一層の基本的な感染防止策等の徹底を図るとともに、都立施設等の対応を踏まえ、夜間の利用者に対し、午後9時までの利用について協力を依頼する。
詳細については、市ホームページに掲載して周知することとする。

 2 学校施設の貸出し及び開放の取扱いについて

若年層を中心とした新型コロナウイルスの急速な感染拡大の改善が見られず、複数の学校で学級閉鎖等が行われるなど学校の教育活動に多大な影響が及ぶ状況が続いており、学校施設の貸出し及び開放についても学校の教育活動に支障を及ぼす可能性があるため、引き続き、まん延防止等重点措置の期間中は全て休止する。
ただし、小平市立小学校校庭の「遊び場開放」については、子どもの居場所を確保するため、引き続き実施する。
なお、今後の感染状況により、まん延防止等重点措置の期間に関わらず再開等を検討する。

3 職員の勤務体制について

職場へ出勤していない職員が2割以上となることを目標とした分散出勤等の取組のほか、午後8時以降の時間外勤務の抑制等の取組を継続する。

令和4年1月20日(木曜)

令和4年1月21日からの東京都における新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置を踏まえ、令和4年1月20日、第40回小平市新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し、以下の事項について決定しました。

1 公共施設等の取扱いについて

公民館、地域センター等の公共施設について、東京都における新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置に基づき、1月21日から2月13日までの期間において、より一層の基本的な感染防止策等の徹底を図るとともに、都立施設等の対応を踏まえ、夜間の利用者に対し、午後9時までの利用について協力を依頼する。
詳細については、市ホームページに掲載して周知する。

2 学校施設の貸出し及び開放の取扱いについて

若年層を中心とした新型コロナウイルスの急速な感染拡大により、複数の学校で学級閉鎖等が行われるなど学校の教育活動に多大な影響が及んでおり、学校施設の貸出し及び開放についても、複数の利用者の感染が確認され、学校の教育活動に支障を及ぼす可能性があるため、まん延防止等重点措置の期間中は全て休止する。
ただし、小平市立小学校校庭の「遊び場開放」については、子どもの居場所を確保するため、引き続き実施するが、今後の感染状況によっては休止も検討する。

 3 職員の勤務体制について

職場へ出勤していない職員が2割以上となることを目標とした分散出勤等の取組のほか、午後8時以降の時間外勤務の抑制等の取組を実施する。

令和4年1月7日(金曜)書面開催

新たな変異株である「オミクロン株」の急速な感染拡大を踏まえ、令和4年1月7日(金曜)、第67回東京都新型コロナウイルス感染症対策本部会議が開催されました。

このことを踏まえ、令和4年1月7日(金曜)、第39回小平市新型コロナウイルス感染症対策本部を書面開催し、次の事項について決定しました。

1 基本的な感染防止策の徹底に関する周知について

新たな変異株である「オミクロン株」による新型コロナウイルス感染症が急速に拡大している状況を踏まえ、改めて、「三つの密」の回避等をはじめとした基本的な感染防止策を徹底することについて、市ホームページ等により周知・啓発することとした。

2 市職員に対する基本的な感染防止策の徹底について

市職員に対し、改めて基本的な感染防止策を徹底するよう指示することとした。

関連リンク

新型コロナウイルス感染症への市の対応(令和3年4月から10月)(コンテンツは未公開です)

新型コロナウイルス感染症への市の対応(令和2年度)

新型コロナウイルス感染症関連する情報をまとめたページです。
新型コロナウイルス感染症に関連する情報

お問合せ先

〒187-0043 
小平市学園東町1-19-12 健康センター1階

健康推進課予防担当

電話:042-346-3700

FAX:042-346-3705

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る