トップ > 市政情報 > 市の紹介 > 歴史・文化 > 日本の伝統的なお祝い事(小平市の昔話)

日本の伝統的なお祝い事(小平市の昔話)

更新日: 2021年(令和3年)1月1日  作成部署:企画政策部 秘書広報課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

日本の伝統的なお祝い事を、タマおばあさんに語ってもらいました。

ひな祭り

 

ひな人形のイラスト

3月3日は桃の節句(せっく)だね。

結婚して初めて迎(むか)える桃の節句には、お嫁(よめ)さんは、実家に菱餅(ひしもち)とはまぐりをもって、里帰りをしたんだよ。
そして、お嫁さんに女の子が生まれると、実家からおひな様(さま)が届いたの。
お祝いは、ほかの親戚や仲人(なこうど)さんからも届いたんだよ。

ときには実家と親戚が話し合って、実家がお内裏様(だいりさま)とおひな様(さま)を贈(おく)り、三人官女(かんにょ)は親戚が、五人囃子(はやし)はまた別の親戚が贈る、なんてこともあったね。
買う店が違っていると、段ごとに顔だちが少し違うこともあったの。
お祝いには日本人形が多かったね。
藤娘(ふじむすめ)や汐汲(しおく)み、高砂(たかさご)なんかもあったよ。
高砂はおじいさんが熊手(くまで)、おばあさんが箒(ほうき)を持っている人形で、長生きを願うおめでたいものなの。
お祝いのお返しとして、菱餅とはまぐりを持っていくの。

ひな人形は2月のうちに飾って、3月3日がすぎたら、すぐにしまったよ。
昔は早くしまうと、早くお嫁に行けるといわれたね。
人によっては、おひな様は火事除けの神様だから、毎年、12日間飾ると火事にならないって、いったね。
毎年出さないと、人形が泣くなんていう人もいるよ。
うちの娘は、おひな様が大好きで、小学生のときに、こっそりおひな様のお道具で遊んでいたの。
そのうえ、お内裏様の刀を抜き差ししたものだから、今でも少し曲がっているんだよ。

おひな様には、菱餅をお供(そな)えするの。
昔は家で作っていたよ。
赤と青(緑)と白の三色の餅をついて、ひし形に切って重ねるんだけどね。
ときどき色粉(いろこ)を入れすぎて、真っ赤や真っ青になってしまうこともあったよ。
この頃は気温が高いから、桃の節句の餅は、お正月の餅よりも、かびやすいんだよ。
それで、ひし形に切るときにでる端っこの餅は、薄く切って、乾かしておくの。
網(あみ)の上で焼いて、おせんべいのようにしたり、油で揚げたりしておやつに食べたよ。
子どもたちも大好きだったの。

桃の節句のときは、五目(ごもく)ずしも作ったよ。
にんじんやしいたけ、干(かん)ぴょうを煮て、すし飯にまぜて作るんだよ。
はまぐりのお吸い物もつきものだった。
はまぐりは2枚の貝殻(かいがら)が、ぴったりと対になっている縁起の良いものだから、ひな祭りに使ったんだよね。
お節句の日には、よくうどんも食べたね。
このあたりじゃ、ご馳走(ちそう)といえば、うどんだったからね。
家で作るから大変だけど、地粉(じごな)はこしがあって、のめっこくって(なめらかで)、とってもおいしいんだよ。
お嫁さんもうどんが作れなきゃ一人前じゃないって、いわれたもんだね。

端午(たんご)の節句

こいのぼりのイラスト
5月5日は「端午(たんご)の節句」で、子どもの成長を願って、家じゅうで、お祝いをしたんだよ。
このあたりでは、男の子が生まれてはじめてのお節句を初節句(はつぜっく)というの。
4月になると、お嫁さんの実家や仲人、親類などがお祝いを持ってきてくれてね。

お嫁さんの実家からは、大きな鯉(こい)のぼりや吹き流しが多かったね。
仲人さんや親類などは、五月人形や鯉のぼりだったの。
鯉のぼりのかわりに、武者絵(むしゃえ)の大きなのぼりの家もあったね。
外に立てる鯉のぼりのさおは、人を頼んで大きい杉の木で作ってもらったの。
さおには綱(つな)を張って、吹き流しやいくつもの鯉のぼりをつけ、朝上げて、夕方には下ろしたんだよ。
家によっては外に立てる「外のぼり」が大変だからと、家の中に飾る「内のぼり」にする家もあったわね。
内のぼりは長さが80センチぐらいあって、鍾馗様(しょうきさま)や宝船(たからぶね)などが描かれていたの。
五月人形は、坂田(さかた)の金時(きんとき)(金太郎)、桃太郎、鍾馗様などの勇ましいのが多かったね。
庭には大きな鯉のぼりが、座敷には内のぼりやたくさんの人形が飾られて、みんなも元気をもらったようだったね。

カサゴの干物のイラスト
お祝いのお返しは、柏(かしわ)餅とカサゴの干物を4月の末頃に持っていったの。
柏(かしわ)餅は20個から30個ぐらい重箱いっぱいにつめて、カサゴの干物は2枚重ねて、のし、水引(みずひき)をかけてね。

つきあいの多い家は、あちこちからお返しの柏餅がくるんで、うちでは早めに持っていったの。
初節句の日は、朝から柏餅をたくさん作って、煮物もいろいろ作ったよ。
煮物には八(や)つ頭(がしら)と筍(たけのこ)は、かならず入れたの。
八つ頭は人のかしらになるように、筍は親より伸びるようにと願ってね。

お節句には、どこの家でも農作業を休んだの。
「ものぐさ者の節句働き」といって、この日に働くと笑われたもんだよ。
5月5日は「お嫁さんの節句」ともいってね、お嫁さんは柏餅をもって、里帰りをしたんだよ。
夜には魔除(まよ)けになるって、菖蒲湯(しょうぶゆ)に入ったの。
その日は府中のお祭り(暗闇(くらやみ)祭り)があってね、みんな楽しみにしていたよ。
若い衆は見物したり、お神輿(みこし)を一晩中かついだりして、朝帰りが多かったね。

 

(注)市報こだいら2016年1月1日号から抜粋。

市報こだいら2016年1月1日号 こだいらちょっとむかし(PDF 1.4MB)

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所3階

秘書広報課広報担当

電話:042-346-9505

FAX:042-346-9507

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る