トップ > くらし・手続き・税 > 戸籍・住民票・印鑑・マイナンバー > 戸籍証明書・住民票・印鑑等の証明書 > コンビニ等で各種証明書を取得できます(コンビニ交付)

コンビニ等で各種証明書を取得できます(コンビニ交付)

更新日: 2023年(令和5年)12月20日  作成部署:市民部 市民課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

マイナンバーカードを利用して、全国のコンビニエンスストア等で住民票の写し等の各種証明書を取得できます。

コンビニ交付サービスは、システムメンテナンス等により利用できない場合があります。
メンテナンス等の情報は証明書コンビニ交付サービスのメンテナンス・障害情報のページをご確認ください。

利用方法

マイナンバーカードをマルチコピー機(多機能端末機)にセットし、4桁の暗証番号(利用者証明用電子証明書用)により認証を行ったうえで証明書の選択画面に進んでいきます。
詳しい操作方法については、地方公共団体情報システム機構のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

「ご利用いただけないカードです。」と表示されたときは・・・

注:スマホ用電子証明書を搭載したスマートフォンでも証明書コンビニ交付サービスをご利用いただけます。詳細はスマホ用電子証明書を利用したコンビニ交付の開始についてをご覧ください。

利用時間

毎日午前6時30分から午後11時まで
注:年末年始、証明書発行システムの保守点検時間を除く
注:利用時間は店舗の営業時間により異なります。

利用できる店舗

全国のセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ等のコンビニエンスストアやドラッグストア等
注:マルチコピー機(多機能端末機)が設置されている店舗のみ

取得できる証明書・手数料

証明書の種類手数料備考
住民票の写し

200円
(250円)

  • 本人及び同一世帯の方の住民票を取得できます。
  • 個人番号(マイナンバー)の記載も選択できます。
  • 住民票の除票(転出・死亡などで住民票から除かれた方の証明書)は取得できません。
  • 同一世帯員に転出予定者がいる場合は、転出予定日まで証明書を取得できません。
印鑑登録証明書

200円
(250円)

  • 印鑑登録をした本人の証明書を取得できます。

戸籍全部事項証明書

戸籍個人事項証明書

各450円
  • 戸籍証明書を取得できるのは、小平市に本籍を有する方に限ります。
  • 除籍・改製原戸籍、戸籍の附票などは取得できません。

個人市民税・都民税
課税証明書
非課税証明書

200円
(250円)

  • 最新年度の本人のものを取得できます。
  • 毎年6月中旬ごろに証明年度が切り替わります。
  • 税の申告や税資料の提出のない方は取得できません。
  • 1月1日以降小平市から転出された場合は、取得できません。
    詳しくは市民税・都民税課税・非課税証明申請書をご覧ください。

個人市民税・都民税
納税証明書

200円
(250円)

  • 最新年度の本人のものを取得できます。
  • 毎年6月中旬ごろに証明年度が切り替わります。
  • 税の申告や税資料の提出のない方は取得できません。
  • 1月1日以降小平市から転出された場合は、取得できません。
    詳しくは納税証明書をコンビニエンスストア等で取得する場合をご覧ください。

カッコ内は、窓口での手数料。

取得したい証明書のボタンが表示されないときは・・・

コンビニ交付では、取得できない証明書

  • 住民票の除票、戸籍の附票
  • 転出の手続きをされた方の証明書
  • 氏名や住所等の文字数がシステムの制限を超えている方の証明書
  • 住民票コードが記載された証明書
  • 改製原住民票や除票等の住民票の写し
  • 改製原戸籍や除籍謄本

住民票で記載の有無を選択できる項目

次の内容は記載の有無を選択できます。

  • 世帯主・続柄の記載
  • 本籍地・筆頭者の記載
  • マイナンバーの記載
  • 外国人の方の情報(国籍・在留資格・在留期間・在留カード等の番号など)
    注:外国人に関する情報は、全て記載するか、全て記載しないかのいずれかになります。各項目別に選択を希望される場合は、窓口で申請してください。

戸籍証明書の取得について

コンビニ交付による戸籍証明書の取得について」をご覧ください。

注意事項

  • コンビニエンスストア等で取得された証明書の差し替えや返金はできません。ただし、印刷不良等があった場合はその場で店員にお声かけいただき、返金後に再度発行手続きをしてください。
  • 市の手数料条例により手数料が免除となる場合でも、コンビニエンスストア等で証明書を取得する場合は発行手数料がかかります。後からの返金はできませんので、手数料免除を希望する場合は市役所や出張所の窓口でご請求ください。
  • コンビニエンスストア等で取得された証明書はホチキスで留められていません。証明書が複数枚になる場合は、枚数がすべてあることを確認し、取り忘れにご注意ください。
  • 住民基本台帳カードやこだいら市民カードではコンビニ交付の利用はできません。
  • マイナンバーカードに設定されている暗証番号は、通算で3回間違えるとロックがかかります。解除するためには、マイナンバーカードに加え、もう一点本人確認書類を持参のうえ、窓口でお手続きいただく必要があります。
  • 引っ越し等の手続きをご予定の場合は、コンビニ交付はご利用せず窓口で証明書を申請ください。

セキュリティ対策(証明書の偽造防止対策)

  •  証明書やカードの置き忘れ防止のために、画面や音でお知らせします。ご自身で操作するため証明書情報が他人の目に触れることはありません。
  • マルチコピー機(多機能端末機)での本人確認は、マイナンバーカードの利用者証明用電子証明書の暗証番号を入力することにより認証されます。市役所(証明発行サーバ)とマルチコピー機(多機能端末機)との通信は専用回線を使用し、情報データは暗号化して通信を行います。
  • マルチコピー機(多機能端末機)で発行した証明書のデータ記録は、自動的に消去され、出力後に他人が再発行できない機能を備えています。
  • 証明書について、コンビニエンスストア等ではA4普通紙を使用し、不正防止処理を施します。そのため、コピーした際に原本ではないことが明確に判断できます。その他偽造防止処理を施しています。詳しくは、地方公共団体情報システム機構のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

お問合せ先

コンビニ交付に関すること
住民票の写し・印鑑登録証明書・戸籍全部(個人)事項証明書に関すること
市民課 042(346)9804

市民税・都民税
課税証明書・非課税証明書に関すること
税務課 042(346)9522

市民税・都民税
納税証明書に関すること
収納課 042(346)9526

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る