トップ > くらし・手続き・税 > 国民年金 > 年金の受け取り(受給)について > 年金生活者支援給付金制度

年金生活者支援給付金制度

更新日: 2021年(令和3年)7月16日  作成部署:健康福祉部 保険年金課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

令和元年10月1日から開始された制度です。受給には一定の要件があります。

年金生活者支援給付金とは

 年金生活者支援給付金は、公的年金等の収入や所得額が一定基準額以下の、年金受給者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。受け取りには、令和元年9月上旬から送付している請求書の提出が必要になります。

 令和元年12月までに請求された場合、制度が始まる令和元年10月分からの支給となりますが、令和2年1月以降に請求された場合は、請求した翌月分からの支給となりますので、速やかな請求手続きをお願いします。

年金生活者支援給付金額(令和3年度)

制度ごとの給付金額
制度名月額
老齢年金生活者支援給付金5,030円(注)
障害年金生活者支援給付金

(1級)6,288円

(2級)5,030円

遺族年金生活者支援給付金5,030円

(注)基準額であり、実際の金額は保険料納付済期間等に応じて算出されます。

詐欺にご注意ください

 市役所や日本年金機構、厚生労働省から、電話でお客様の家族構成や金融機関の口座番号・暗証番号をお聞きすることはありませんし、手数料などの金銭を求めることはありません。
 不審に感じましたら、日本年金機構や警察相談専用電話(♯9110)にご連絡ください。

お問い合わせ先が変わりました

 「年金生活者支援給付金専用ダイヤル」は、令和2年3月31日をもって終了しました。
 令和2年4月1日以降は、「ねんきんダイヤル」までお問い合わせください。

ねんきんダイヤル(令和2年4月1日から)

  • 0570-05-1165(ナビダイヤル)
  • 03-6700-1165(050から始まる電話から)

受付時間

  • 月曜 午前8時30分から午後7時
  • 火曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(注)
  • 第2土曜 午前9時30分から午後4時

(注)月曜が祝日の場合は、翌日以降の開所日初日に午後7時まで受付しています。

祝日(第2土曜日を除く)及び年末年始(12月29日から1月3日)は休業となります。

ホームページ

 制度の詳細については、各ホームページをご参照ください。

お問合せ先

ねんきんダイヤル(令和2年4月1日から)
電話:0570-05-1165(ナビダイヤル)
   03-6700-1165(050から始まる電話から)

武蔵野年金事務所
電話:0422-56-1411(代表)
(注)武蔵野年金事務所は、小平市に住民登録をしている(住民票がある)方の年金事務所です。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る