トップ > 市政情報 > 財政・行財政改革 > 公共施設マネジメント > 中央公民館、健康福祉事務センター及び福祉会館の更新等に関する基本計画、小川駅西口地区市街地再開発事業公共床等の整備基本計画を策定しました

中央公民館、健康福祉事務センター及び福祉会館の更新等に関する基本計画、小川駅西口地区市街地再開発事業公共床等の整備基本計画を策定しました

更新日: 2020年(令和2年)1月15日  作成部署:企画政策部 公共施設マネジメント課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

市では、老朽化が進む中央公民館・健康福祉事務センター・福祉会館の複合化と、小川駅西口地区市街地再開発事業の公共床に西部市民センター・小平元気村おがわ東の一部機能の移転を予定しています。ワークショップ、アンケート、ヒアリング等でいただいた意見を踏まえて、中央公民館、健康福祉事務センター及び福祉会館の更新等に関する基本計画と、小川駅西口地区市街地再開発事業公共床等の整備基本計画を策定しました。

 小平市公共施設マネジメント推進計画に基づき、2017(平成29)年度に老朽化が進む中央公民館及び健康福祉事務センターについて、公民館としての中枢的な役割や行政事務機能の継続等の観点から更新等を行うこととし、近隣施設で老朽化の進む福祉会館等も含めた複合化について検討するとしました。更新等を行う判断に基づき、「(仮称)中央公民館及び健康福祉事務センターの更新等に関する基本計画」策定方針を作成し、2019(令和元)年秋頃までに新しい施設の基本計画を策定することを掲げました。

 小川駅西口地区では、組合施行による再開発事業が進められており、市は、にぎわいの創出や公共施設の集積の核とする「まちづくりの観点」及び「公共施設マネジメントの観点」から、小川駅西口地区市街地再開発事業において公共床及び用地を取得することとしました。

 市は、小川駅西口地区市街地再開発事業における公共床等を取得するに当たり、「(仮称)小川駅西口地区市街地再開発事業公共床等の整備基本計画」策定方針を作成し、中央エリアの基本計画と同じく2019(令和元)年秋頃までに基本計画を策定することとしました。

 基本計画策定方針に基づき、中央・小川デザインプロジェクト等の市民参加で検討を行い、市民意見公募(パブリックコメント)手続を経て、「中央公民館、健康福祉事務センター及び福祉会館の更新等に関する基本計画」、「小川駅西口地区市街地再開発事業公共床等の整備基本計画」を策定しました。

  今後、本基本計画に基づき基本設計等を進めてまいります。添付の基本計画の概要版や公共施設マネジメントニュースもご覧ください。

01 中央・小川基本計画(本編)(PDF 2.2MB)

02 中央・小川基本計画(参考資料6-1)(PDF 1.3MB)

03 中央・小川基本計画(参考資料6-2)(PDF 4.2MB)

04 中央・小川基本計画(参考資料6-3)(PDF 4MB)

05 中央・小川基本計画(参考資料6-4)(PDF 3.9MB)

06 中央・小川基本計画(参考資料6-5)(PDF 4.1MB)

07 中央・小川基本計画(参考資料6-6)(PDF 3.8MB)

概要版 中央・小川基本計画(PDF 1.5MB)

公共施設マネジメントニュース令和元年12月号(中央・小川基本計画策定)(PDF 623.5KB)

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所2階

公共施設マネジメント課施設マネジメント担当

電話:042-346-9557

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る