トップ > よくある質問 > くらし・手続き・税 > 国民年金 > 退職したときの国民年金の手続きについて知りたい

退職したときの国民年金の手続きについて知りたい

更新日: 2020年(令和2年)2月13日  作成部署:健康福祉部 保険年金課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

質問

退職しました。国民年金の手続きは何か必要ですか。

回答

20歳以上60歳未満の方はお手続きが必要です

 退職すると第2号被保険者(厚生年金に加入している会社員、公務員など)の資格を喪失するため、第1号被保険者(自営業、農林漁業、学生、無職、任意加入者など)に加入する手続きが必要です。

 お手続きに必要な身分証明書などについては、国民年金 各種手続き国民年金 各種手続きや相談のときに必要なものからご確認ください。届出書については、国民年金 手続きに必要な届出書・申請書一覧からダウンロードしてください。

 第2号被保険者(厚生年金に加入している会社員、公務員など)、第3号被保険者(第2号被保険者に扶養されている配偶者)の加入手続きは、勤務先または配偶者の勤務先で行います。

届出期間

 事由が生じたときから、原則として14日以内

 (注)届出期間を過ぎても、さかのぼって届出できます。お早めに届出してください。

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所1階

保険年金課国民年金担当

電話:042-346-9531

FAX:042-346-9513

武蔵野年金事務所
 0422-56-1411(代表)
ねんきんダイヤル
 0570-05-1165(ナビダイヤル)
 03-6700-1165(050から始まる電話から)

(注)武蔵野年金事務所は、小平市に住民登録をしている(住民票がある)方の年金事務所です。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る