トップ > よくある質問 > くらし・手続き・税 > 国民年金 > 年金請求の手続きについて知りたい

年金請求の手続きについて知りたい

更新日: 2020年(令和2年)2月17日  作成部署:健康福祉部 保険年金課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

質問

年金の請求をしたいのですが、どこで、どのように手続きしたらいいですか。

回答

年金の種類によって異なります

 請求される年金の種類によって、請求先や必要書類が異なります。詳しくは、各リンクからご確認ください。

 下記はいずれも、国民年金第1号である方に限った内容です。一度でも厚生年金または国民年金第3号に加入されたことのある方につきましては、他の制度に該当する可能性があるため、管轄の年金事務所までご相談ください。

65歳に到達したことにより請求できる年金(老齢基礎年金)

国民年金の給付 老齢基礎年金

 20歳から60歳までの義務加入期間での納付月数に応じて、受け取れる年金額に変動があります。また、繰上げ請求や繰下げ請求をすることにより、60歳から70歳の間で年金の受け取り開始年齢を決めることができます。

病気やけがを負ったことにより請求できる年金(障害基礎年金・特別障害給付金)

国民年金の給付 障害基礎年金

国民年金の給付 特別障害給付金

 病気やけがを負ったことを原因として、障害基礎年金を請求することができます。ただし、請求には一定の要件があります。

 65歳以降に初診日のある病気やけがは、障害基礎年金の要件として認められていないため請求できません(加齢によるものとされるため)。

家族の死亡により請求できる年金(遺族基礎年金など)

国民年金の給付 遺族基礎年金

国民年金の給付 寡婦年金、死亡一時金、未支給年金

国民年金 死亡の手続き

 家族の死亡に伴い、遺族基礎年金や死亡一時金、未支給年金などを受け取れることがあります。お亡くなりになられた方の年金記録や世帯構成によって、お手続きできる内容が異なります。

お問合せ先

武蔵野年金事務所
 0422-56-1411(代表)
(注)武蔵野年金事務所は、小平市に住民登録をしている(住民票がある)方の年金事務所です。

ねんきんダイヤル
 0570-05-1165(ナビダイヤル)
 03-6700-1165(050から始まる電話から)

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る